ND 統括

幹事団の統括責任者。2015年冬に不惑祭を発案した首謀者。鈴村氏と並ぶ偉大な青フィルOBであると同時に、ぬいぐるみでの懐柔やパイでの攻撃など、目的のためなら手段を択ばない節がある。不惑祭会議では口を出さず静観。パッケージとしてのバランスを考えつつやりたいところはしっかり押さえる、フィクサー的な立ち位置。でも、皆さん、この会は実はDさんからの愛の告白会なんです。
ある日Dさんは大事な用事があるといい、会議には参加せず赤い服に着替えて、西武ドームに向かったのでした。

不惑会における秋◯康!だからセンターはずっとあの御方

KT 会計

議事録書いてくれて、動画撮ってくれて、会場見学行ってくれて、って会計ってそんな動いてくれるんですねと驚愕とフットワークの軽さ。しかも笑顔で。どっか場所ないかな、こういう場所がいいよね、っていったとき、いつもTさんが電話してくれます。すごく助かります。

支えてくれる方が動きがいいと、神輿も自由に暴れることができることを実感する日々なのです。
 

SY 総務チーフ

現役時代から変わらぬ威厳を保ち、青フィルへの愛は絶え間なく注がれている。「人の幸せは自分の幸せ」と公言し、現代版マザーテレサと親しまれている。どんなにくだらないこと言っても、どんなに真面目に話しても、目線がブレない。器の大きさは地球規模。あ、でも、適度にしっかり寝た方がいいと思います。カラオケもお酒も止めませんので。

Aさんより「Yさんをよく覚えてるシーンは、今回の主役に啖呵を切っているときです。あの時歴史とは動いていくものだと、私も老いていくのだなと痛感しました。」

TH 総務スーパーサブ

運営委員会最年少ながら仕事が早いとの定評があり、豊富な人脈を駆使した情報収集・宣伝は目を見張るものがある。青フィルOB屈指の理系エリートでありながら、無礼講企画には全力で乗っかる。
7月に教員採用試験を控えていながら、不惑祭や数々のオーケストラ演奏会もこなし、あまりのデキっぷりに「スーパーサブ」という称号を与えられた。常に美しく削られた鉛筆を多数携帯している。

TA 企画チーフ

青高生らしからぬ爽やかな風貌からは予想できないような、えげつない企画をプレゼンする。むー焼き、缶バッジ、パイ投げ等、信じられない企画の考案者。その姿からは、不惑祭への熱意と鈴村氏への愛が痛いほどに伝わる。
部下より「人を爆笑させる企画マシンガン。提案するだけでなく誰よりも速く実行し具現化させる。経験と知識に基づいた、具体性 x 正確性 x スピードの三位一体」

AY 企画チーフ影武者 通称スーパーお兄さん

不惑会の裏で暗躍する一味の一人。見たものは忘れない記憶力と手を出したら離さない職人肌気質が特徴。熟せる楽器の数は片手で足りず、作曲や裏方もこなせる守備範囲の広さを活かし、音楽系企画では他の追随を許さない。また、野球とFFF氏に関する造詣の深さは鈴村氏も一目置くほど。一部では教授と呼ばれている。今度二人で野球観戦に行くらしい。

MS 企画サブ

すごい速さでHPを実装し、会議資料は何も言わずに人数分用意、面白いと思ったことは即実行するのに、表情はクール。まるで社長を操る秘書。上司よりインタビュー「基本的にできる子。この前写真撮ってる姿がえらく気合を感じたね。こんなに真剣に写真撮る人久しぶりに見た。周りの目とか気にしない感じがすごかった。あ、でも、都内の地理が苦手みたい」

KY 動画チーフ及び企画サブ

情報工学博士。ある日突然「パイ投げの練習するから代々木公園集合な」と先輩から呼ばれても何も疑問に思わず来てくれる優しいエース。パスタを食べながら「ホームページ、動画撮影、動画編集、全部やってくれない?」と無茶ぶりされても「いいっすよ」と快諾したのであった。

KW 企画サブ

趣味は作曲。現役時代は指揮者を務めた芸術家。パイ投げリハーサルでは率先して「投げる人」「投げつけられる人」の2役を担い、リハ終了後には「投げ足りない!!投げつけられ足りない!!パイ足りない!!」などと意味不明な言葉を発した狂人でもある。不惑祭2次会を企画中。

Please reload

©2016 by Fuwaku40 Jikkou Iinkai.